株式会社IKUSA

これであなたも一人前!SEO対策で知っておきたい超基礎知識

SEO
タグ SEO対策
米田 真介 米田 真介
2017.12.20

ホームページやWebサイトを運営していく上で、集客をおこなうことは重要です。

 

Webでの集客を強化する方法は、無料のものと有料のものがあります。無料集客で代表的なものは「SEO対策」で、有料集客で代表的なものは「PPC広告」です。この記事では、「これであなたも一人前!SEO対策で知っておきたい超基礎知識」としてSEO対策についてご案内していきます。

 

SEOの意味

検索エンジン最適化

そもそもSEOとは何なのでしょうか? SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字になり、日本語では「検索エンジン最適化」となります。

 

GoogleやYahoo!でキーワードを検索すると、トップ部分に「広告」と書かれた文章(ホームページやWebサイトへのリンク)が表示されます。これらの文章は「PPC広告」と呼ばれる有料の集客方法が利用されています。PPC広告は、Googleの「アドワーズ」とYahoo!の「スポンサードサーチ」が代表的です。

 

このPPC広告とは別で、検索結果に表示される文章(リンク)を「自然検索(オーガニック検索)」と呼びます。

 

自然検索は、PPC広告とは違い無料で対策ができます。この自然検索に、あなたが運営しているホームページやWebサイトを検索上位に表示させるには、Googleが用意した様々なルールに合わせた対策が必要です。このルールに沿って自然検索での上位を目指すことがSEOであり、その対策がSEO対策となります。

 

コンテンツ重視、ユーザーファースト

SEO対策の目的は、検索結果の上位に自社Webサイトを表示させること。検索結果の10位以内に運営しているホームページやWebサイトを表示できると、検索キーワードによっては莫大なアクセスを期待できます。

 

現在のようにGoogleの検索技術が発達していなかった2011年ごろまでは、「検索ユーザーを無視して、有料で外部リンクを集めてSEO対策をする」というようなブラックな手法を使った対策もよくおこなわれていました。

 

その状況が変わったのが2012年です。Googleがこの年に「ペンギンアップデート、パンダアップデート」といわれるルールのアップデートをおこなったことにより、2017年現在ではGoogleが目標としている「検索ユーザーを優先したコンテンツ作成」がSEO対策では重要となっています。

 

これから対策を始める場合は、コンテンツ重視、ユーザーファーストを意識してホームページやWebサイトを更新していきましょう。

 

SEO対策はじっくり効果が出てくる

Search Engine Optimization (SEO) Concept On Computer Screen

 

SEO対策はすぐに効果が出るものではありません。PPC広告は、料金を払うと早ければ当日に掲載が可能ですが、SEO対策の場合は半年から1年のスパンで対策を施す必要があります。つまり、SEO対策はじっくりと結果を待つ施策なのです。

 

SEO対策で重要なのは、「自社のホームページやWebサイトにGoogleや検索ユーザーの信頼を蓄積していく」ことです。すぐに効果を期待する気持ちは行動の原動力となるためとても大切なのですが、この点を忘れないでおきましょう。

 

また、自社のホームページやWebサイトにSEO対策で効果をもたらすには大切なポイントがあります。それは、「ユーザーファースト、コンテンツ重視」ということです。前章からの繰り返しになってしまいますが、現在のSEO対策でとても重要ですのでもう一度書いておきます。Webサイト上にブログの記事やコラムなどを増やしていく場合は、ユーザーを優先し、濃い内容のコンテンツを書いていきましょう。そうすることでSEO対策の効果が期待できます。

 

SEO対策は売上増が目的

Businessman is drawing a SEO concept on the glass screen.

 

SEO対策をおこなっていると、アクセスを増やすことだけに集中してしまうことがあります。アクセスや集客に熱中する事はとても大切なことなのですが、商売の基本は「売り上げを向上させていくこと」になりますので、SEO対策での最終的な目的も「売り上げや利益を上げること」になります。

 

アクセスの増加だけを注視するのではなく、SEO対策がうまくいくことにより、

 

  • 商品の購入が増える
  • サービスのお問い合わせなどが増える
  • 自社製品のお申し込みが増加する

 

といった検索ユーザーやお客様の実際のアクションの増加が大切です。目的を忘れないように気をつけながらSEO対策をおこないましょう。

 

SEO対策のメリット

Line concept for search engine optimization

 

SEO対策のメリットはたくさんありますが、ここでは3つのメリットをご紹介します。

 

1.費用対効果がすばらしい

SEO対策は、基本的に無料でおこなうことができます。この点が、1番のメリットであるといえます。

 

筆者は、ネットショップ運営などで実際にPPC広告を利用することがありました。広告を出稿していると、「広告費」が毎日減っていくのを眺めることになります。費用が減少するため、心配になって1日中広告をチェックしてしまうこともありました。(もちろん、商品が売れれば利益が出るのですが)

 

それに比べると、SEO対策は日々広告費が減っていく事はありません。また一度検索結果のトップに入ると、大きなアクセスが生まれるため費用対効果に優れているといえます。

 

2.上位表示されれば、ある程度放置できる

SEO対策は一度検索結果のトップに表示されれば、しばらくの間、ホームページやWebサイトを放置していても利益が上がる可能性があります。
もちろん、時々ホームページやWebサイトを「手入れ」する必要はありますし、GoogleがSEOのルールを変更すれば対応しなければなりませんが、手がかからず放置できることは大きなメリットです。

 

3.自社のブランド力向上や認知に最適

SEO対策をおこなうことで、Webサイトにお客様を増やすことができますので、自社の会社名をたくさんの方に認知してもらったり、ブランド力を向上させたりできるメリットがあります。

 

SEO対策のデメリット

Man hiding under laptop

 

SEO対策には、主に2つのデメリットもあります。

 

1.成果が出るまでに時間がかかる

この点は前章でご紹介しましたが、1番のデメリットは、やはり効果が出るまでに時間がかかりやすい点です。早ければ数ヶ月でSEO対策の効果が出ますが、通常は1年かけて結果を出すための計画を立てて実行する必要があります。成果を急ぐ場合はPPC広告を利用し、並行してSEO対策もおこなっていく、という運営方法をオススメします。

 

2.成果が必ず出るわけではない

SEOは、対策をおこなっても必ず成果が出るわけではありません。PPC広告であれば、最適な入札価格で出稿すればほとんどのケースでトップページに表示させることができますが、SEO対策は「トップページに表示されるかどうかはやってみないとわからない」ため、この点もデメリットであるといえます。

 

3.有力キーワードには強力なライバル

アクセス数やPVが集まりやすいキーワードには、強力なライバルも存在します。中小企業や個人事業主がビックキーワードでSEO対策をしても、大企業が大量の資金を投入してSEOをおこなっていた場合は勝てない可能性が高くなります。このこともデメリットになります。

 

SEO対策はコツコツと根気よくいきましょう

SEO Search Engine Optimization. Chart with keywords and icons. S

 

「これであなたも一人前!SEO対策で知っておきたい超基礎知識」として、SEO対策の情報をお届けしてきました。

 

SEO対策は「今日スタートして今日結果を求める」ことは出来ません。しかし、優良な検索キーワードでGoogleやYahoo!の検索結果トップ10にランクインするとビジネスに大きな利益をもたらします。SEO対策は、月単位や年単位で計画を練り、コツコツと根気よく続けていきましょう。

米田 真介
米田 真介

1984年、大阪城下に生まれ落ち大阪で育った次男坊。コンピュータ専門学校を卒業後、広告制作会社に3年間勤務。
その後、FinalFantasy Xというゲームで泣きまくって人生を変えられ、高校時代からの夢であった旅を決行し、半年間ヒッチハイクで47都道府県を駆け巡った後にWeb&デザイン会社(TearsSwitch LLP)を起業。
「WEB事業の拡大とチャンバラの手伝いをさせる為」であると共に"当時お金持ち"だった「赤坂のお金目当て」で共に株式会社TearsSwitchを立ち上げる。
チャンバラ合戦-戦 IKUSA-を展開するNPO法人ゼロワンの理事長でもある。『オンラインゲームの世界を現実化』させる夢のため、プログラム、デザイン、カメラ、地域活性化、コンサル、開発など新しいことを何でも満足するまでやるので気がついたら顔がゴボウになっている毎日。でも、母さん。僕は元気です。

関連記事

人気記事

新着記事

同じカテゴリの記事

人気タグ